山下晴代の「わん太日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 『KAGEROU 』齋藤智裕著──「作家」とはそんなにいいものか?

<<   作成日時 : 2011/01/17 04:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『KAGEROU 』齋藤智裕著(ポプラ社 2010年12月刊)

 アマゾンでレビューを書いたり、読んだりしていると、しだいにわかってくるのだが、どうもレビュー数は、売れている数と連動していると思う。その点、本書のレビュー数(670件あまり)も例外ではないでしょう。
 村上春樹もここまで多い著書はないと思う(『ノルウェイの森』上巻で約370件)。

 問題は、いかに読むかということである。ファンとして、何かを探ろうと読むなら、それはそれで、ひとつの読み方ではある。ただ、私は、有名な名前の芸名の方も、mixiでファンの人が書いていたのでやっと知ったぐらいなので、本名だろうが、芸名だろうが、関係ない。

 売れているはずのタレントだかなにかをやめてまで、「作家」になりたいのだろうか? ニュースによれば、2000万円という賞金を辞退してまで、彼をそうせているものはなにか? 考えることの方が興味がある。

 それほど、「作家」という肩書き、あるいは、「職業」は魅力があるのだろうか? ほんとうに書くことがすきなら、賞を狙わず、出版社に持ち込み(有名な芸能人なら、稚拙でもどこかで出してくれただろう)か、自費出版(どんな豪華本でもできたでしょうに)すればよかったのではないか? やはり、出版社が彼の知名度を利用したのなら、彼も、一応文芸書を出す出版社の賞という「ステイタス」を利用したのでしょう。ま、持ちつ持たれつですな。

 ただ文章だけを言うなら、数ページを読めば、まあ、この人は、あんまり文学作品は読んでないんでしょうね、ってのが、まるわかりの文章ではあります。しかし、その割には、「がんばって書いてる」とは思いますよ。しかし、そういう状態で、どこまで行けるかは、不明ですね。次回作に、期待します(笑)。

******

 細かいことを言うなら、本書は、236ページで、原稿が実際に印刷されているページ数は、233ページ。一般的な文芸書の組み方は、40字以上×18行ぐらいなのに対し、本書は、38字×14行で、1ページの字数が、かなり少ない。
 原稿用紙の枚数に換算すると、300枚ほどしかないはずで、「長編」として、1冊の本にするには、ちょい厳しい。かてて加えて、確か、「ポプラ社小説大賞」は、最低枚数は、300枚より多かったはず……てなことを考えながら、確かめるために、「ポプラ社」のサイトに行ってみたら、なんと、「第5回をもってポプラ小説大賞」は終わり、「ポプラ社小説新人賞」になってました。賞金も、2000万円から200万円に、枚数も、最低枚数は200枚に……。

 ということです。しかし、この出版社の本で、けっこういい本もあったんですよ。翻訳書ですけど、スタインベックの『チャーリーとの旅』(スタインベックが、スタンダード・プードルと旅する様子を描いたエッセイ)とか……。

http://www.poplar.co.jp/taishou/apply/index.html



KAGEROU
ポプラ社
2010-12-15
齋藤 智裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KAGEROU の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『KAGEROU 』齋藤智裕著──「作家」とはそんなにいいものか? 山下晴代の「わん太日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる